中尾根美樹さんが筆頭著者のレーザー加熱のAIに関する論文がJLMNに掲載!!!

本研究室で取り組んでいるレーザー加熱のAIに関する論文が,Journal of Laser Micro / Nanoengineering に掲載されました.(現時点では同一号に掲載される論文がまだまとまっておらず,Most Recent Papersの状態ですが)

本論文は,”Artificial Intelligence for Estimating Laser Power from Temperature Distribution” と題して,レーザー加熱を実現するためのレーザーの照射条件を推定するAIの研究についてまとめました.具体的には,レーザ加熱の数値計算を大量に実施し,そのレーザ照射条件と,得られた加熱結果との関係を学習するAIを開発し,学習していない加熱結果から,レーザ照射条件の内の最も基本的なパラメータであるレーザパワーを推定することに成功しました.AIのプログラム自体を中尾根さんが(勿論様々なライブラリは使っていますが)ゼロから開発し,研究室で開発しているレーザ加熱の数値計算プログラムと融合することにより,かなりの高精度で学習することが可能となるAIを開発しました.

なお,本研究は本学片柳研究所JAXAとの共同研究で,NEDO の「官民による若手研究者発掘支援事業」の助成を受けて実施されました. この場を借りて御礼申し上げます.