ICPEPA10で共同研究の発表がPoster 3rd placeを受賞

8/29,30 にルーマニアのブラショフであった国際会議 ICPEPA-10 (10th International Conference on Photoexcited Processes and Applications) で,大阪大学接合科学研究所との共同研究者の発表も含めて下記の3件の発表を行ってきました.

  1. “Development of sputter-less selective laser melting in vacuum for 3D fabrication of titanium alloy”
  2. “Thermal effect on CFRP ablation with 150W class pulse fiber laser using PCF amplifier”
  3. “Three-Dimensional Numerical Simulation of Laser Processing of CFRP”

その中で,1の阪大接合研の佐藤先生の発表が Poster 3rd placeを受賞しました.

ルーマニアでの国際会議というのは初めてで,経由地のブカレストは治安が悪いとの話を聞いてびくびくしながら行きましたが,某大学の学生さんが結構ぼったくられていたぐらいの話で,割と楽しく行ってきました.

 

写真は学会の中休みに皆で行った,ドラキュラのモデルになった人の居城(ではないという説もありますが)であるブラン城です.

ブログを書きましたので,詳細(?)は下記をご参照下さい.

http://blog.me.eng.teu.ac.jp/blog/2016/09/post-82be.html

コメントを残す