中尾根美樹さんがLPM2021で研究発表を行いました

6月8日から11日にオンラインで開催されたLPM2021(The 22nd International Symposium on Laser Precision Microfabrication)において,”Development of the AI for estimating laser power from temperature distribution” と題して研究発表を行いました.

内容としては,レーザ加熱の数値計算を大量に実施し,そのレーザ照射条件と,得られた加熱結果との関係を学習するAIを開発し,学習していない加熱結果から,レーザ照射条件の内の最も基本的なパラメータであるレーザパワーを推定することに成功しました.AIのプログラム自体をゼロから開発し,研究室で開発しているレーザ加熱の数値計算プログラムと融合することにより,かなりの高精度で学習することが可能となるAIを開発しました.

事前に録画した発表動画をアップロードする形だったので,雄姿のスクショが無いのが残念ですが,発表資料のスクショだけでも掲載しておきましょうか.

なお,本研究は本学片柳研究所JAXAとの共同研究で,NEDO の「官民による若手研究者発掘支援事業」の助成を受けて実施されました. この場を借りて御礼申し上げます.

1件のコメント

  1. […] 一個前の記事のLPM2021において,中尾根美樹さんがOutstanding Student Paper Award(Short Oral Presentation) を受賞しました!!中尾根さんは,大学コンソーシアム八王子学生発表会,電気学会東京支部電気学術女性活動奨励賞に続き,三つ目の受賞となりました.今後更なる活躍もしてくれることでしょう. […]

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。